企業活動

運輸安全マネジメント

1.「安全管理規程」及び「安全統括管理者」

安全統括管理者

取締役 陸運事業・通運事業担当 大阪主管支店長 白川 新吾(2018年6月20日選任)

2.「輸送の安全」に関する方針と目標

【「安全」を「理解」し「認識」し「意識」で「実行」】を安全方針のスローガンとして掲げ、【心に刻む「安全意識」 行動で示す「模範姿勢」 みんなで進める「職場の改善」】を2021年度(2021年4月1日から2022年3月31日まで)の安全目標とし、社員一丸となって取り組んでいます。

3.「輸送の安全」に関する重点目標

No.1~5に該当する事故の削減を重点目標として取り組みました。その状況は次の通りです。

2020年度事故発生状況

No. 重点目標 基準件数 目標件数 2020年度
発生状況
達成状況
1 交差点および交差点付近の事故半減 5件 3件 3件 達成
2 追突事故の半減  1件  0件 5件 未達成
3 後突事故の半減 7件 4件 7件 未達成
4 構内事故の半減 11件 6件 19件 未達成
5 荷役機械事故の半減 6件 3件 7件 未達成
30件 16件 41件  

2020年度発生状況を踏まえ、重点目標を次の通りとし達成に取り組みます。

2018年度から2020年度までの発生状況および2021年度目標件数

No. 重点目標 2018年度
発生状況
2019年度
発生状況
2020年度
発生状況
基準件数 2020年度
目標件数
1 交差点および交差点付近の事故半減 5件 3件 3件 4件 2件
2 追突事故ゼロ  1件  1件 5件 3件 0件
3 後突事故ゼロ 1件 5件 1件 3件 0件
4 構内事故の半減 12件 16件 19件 15件 6件
5 荷役機械事故の半減 8件 8件 7件 8件 3件
27件 33件 35件 33件 11件

4.自動車事故報告規則第2条に規程する事故に関する統計

当社が事故の第一当事者となる事故

2020年度 0件

5.「輸送の安全」に関する目標達成のための計画及び教育・研修

2020年度の計画および教育・研修および実施状況

計画 2019年度実施状況
労働安全衛生委員会の開催(月次) 毎月第7営業日までに開催
新乗務員等本社研修(月次) 毎月開催
ヒヤリハット体験報告書の提出と活用 班会議での討議およびその記録の提出、社内報への掲載
安全対策器機の導入 デジタコ(ドラレコ内蔵)全車導入・バックアイ等継続導入
添乗指導教育の実施 毎月実施

2021年度も継続実施いたします。

6.「輸送の安全」に関する予算と実績

  • 2020年度実績  5,000千円(人件費を除く)
  • 2021年度予算  8,000千円(人件費を除く)

研修・会議および社内表彰に加え、安全車載器導入に重点を置き予算を計上しました。

7.「輸送の安全」に関する内部監査の結果及びそれを踏まえた措置内容

  • 「年末・年始の輸送等に関する安全総点検」及び運輸安全マネジメントに係る内部監査を実施。改善点の指摘と改善実施を確認しました。
  • 監査室による巡回監査を行いました。

8.国土交通省による「運輸安全マネジメント」評価について

2014年7月29~30日、国土交通省による「運輸安全マネジメント」評価が実施されました。
その結果は次の通りです。

物流相談窓口 まずはお気軽にお問い合わせください

濃飛倉庫運輸 営業開発本部
058-251-0176
お問い合わせフォーム

企業情報などのお問い合わせ

濃飛倉庫運輸 総務部
058-251-0111
お問い合わせフォーム
お問い合わせ × Close