物流サービスDistribution

物流サービス事例のご紹介

海外倉庫を活用した物流改善

物流改善前の問題点
・通年生産したいが、国内需要は季節もの
・国内倉庫作業の労働力不足とコスト高騰
・各仕入先からの都度の輸入件数が増加
物流改善後の効果
・工場は生産後入庫、日本は欲しい時輸入  
・保管・仕分出荷を海外作業でコストダウン
・海外倉庫で仕入先集約、輸入・荷受の件数減
 国内在庫を海外在庫とする事で、保管コスト、また物流加工コストを抑えられる可能性が高く、日本国内で行っている荷受作業の件数、納品先別仕分作業を削減する事も可能です。
 また、生産工場は、保税倉庫へ「みなし輸出」が成立し、商品代金の決済が可能になります。
取組む国により、保税規則の詳細に違いがありますので、貴社物流に合う活用方法をご提案させていただきます。

関連ファイル

  • 無料物流診断・改善提案
  • サービス検索

その他の改善事例

物流相談窓口 まずはお気軽にお問い合わせください

濃飛倉庫運輸 営業開発本部
058-251-0176
お問い合わせフォーム

企業情報などのお問い合わせ

濃飛倉庫運輸 総務部
058-251-0111
お問い合わせフォーム
お問い合わせ × Close