企業活動

環境への取り組み

地球環境の保全に対して積極的に取り組みます

濃飛倉庫運輸は、地球環境の保全に社員一人ひとりが自発的に取り組むべく、以下の重点推進項目を掲げ、環境負荷の低減を推進しております。

重点推進項目

  • 環境関連の法令を順守し、業界の指針等に積極的に取り組みます。
  • エコドライブの実施、低公害車の導入、輸送効率の向上を図るなど資源・エネルギーの有効活用に積極的に取り組み、排出ガスの削減に努めます。
  • 施設、設備及び車輌等の保守点検を励行してエネルギーロスの削減に努めます。
  • 循環型社会構築のために、廃棄物の減量およびその適正処理、資源のリサイクル化やグリーン購入などに積極的に取り組みます。
  • 社員の環境教育を推進し、一人ひとりの環境保全の意識の向上とその活動への積極的参加をうながし、よき企業市民として地域社会との共生に努めます。

グリーン経営認証取得について

20190517認証

グリーン経営認証制度は、国土交通省、全日本トラック協会、日本倉庫協会等の協力を得て交通エコロジー・モビリティ財団が認証機関となり、推進マニュアルに基づいて一定のレベル以上の取り組みを行っている事業者に対して審査の上認証・登録を行うものです。

当社はトラック事業部門で16事業所、倉庫事業部門で23事業所、合せて39事業所で取得しています。

トラック事業部門(16事業所)

関東 浦安総合物流センター、深川輸送センター、戸田輸送センター
岐阜 岐阜輸送センター、関、高山、富山、大垣総合物流センター
中部 浜松、静岡大東、富船輸送センター、名古屋貨物ターミナル、小牧輸送センター
関西 彦根、栗東輸送センター、東大阪輸送センター

倉庫事業部門(23事業所)

関東 浦安、京浜、綾瀬ロジスティクスセンター、川越
岐阜 今嶺、今嶺第二、茶屋新田、柳津、団地倉庫、匠ヶ丘、大垣、大垣総合物流センター
中部 浜松、静岡大東、昭和橋通、飛島、小牧ロジスティクスセンター、名古屋港ロジスティクスセンター、美濃加茂
関西 彦根、長浜、守口、北大阪

改正省エネ法への対応について

トラック

特定輸送事業者に指定されている当社は、エネルギー使用を前年比1%削減を目標とする省エネ計画を策定して実施しています。
エコタイヤを104台、デジタコ(ドラレコ機能内蔵)を460台の車両に装着し、省エネ研修の実施、環境に配慮した車両を導入するなど、CO2, NOx, PMの排出削減に積極的に取り組んでいます。

(2021年3月末現在)

物流相談窓口 まずはお気軽にお問い合わせください

濃飛倉庫運輸 営業開発本部
058-251-0176
お問い合わせフォーム

企業情報などのお問い合わせ

濃飛倉庫運輸 総務部
058-251-0111
お問い合わせフォーム
お問い合わせ × Close